アドバイザリーサービス

データ分析監査導入支援

会計システムは特にERPシステムの登場以来、そのデータ量が極大化し、近年はビックデータと呼ばれるに相応しいほどになっており、特にグローバル企業においては海外子会社も内部監査の対象に入ってきます。CAAT(Computer Assisted Auditing Techniques:コンピュータ利用監査技法)ツール等を駆使し、ビックデータ化した基幹系会計システムを中心としたデータ分析を行い、不正、誤謬データを検出するための手法を導入する支援をいたします。

会計士業界での最新の研究結果を反映した対応をいたします。

業務プロセスリエンジニアリング(BPR)

情報システム導入から数年経過し、いつの間にか必要以上の統制行為が組み込まれ、結果として非効率な業務が発生している企業や、それに応じて新規システムの導入を検討している企業等において、現状業務の可視化、業務及びITに関する課題の抽出、解決策の提示を実施します。

豊富な他社事例に基づきITと業務を総合的に検討し、有効性と効率性を同時に達成する業務プロセスの再構築を支援します。

IT内部統制構築支援

内部統制報告制度(J-SOX)で求められる要件を充足する統制(コントロール)が構築されていることをチェックしつつ、J-SOXで求められるリスクコントロールマトリクス(RCM)等の資料やその根拠資料を整備していきます。また、必要に応じて監査法人対応も行います。

監査法人のノウハウをベースとして、効率的かつ効果的に必要十分な統制を構築していきます。課題の対応手法についても豊富な他社事例から企業の実態に合わせた手法をご提言をします。

営業秘密管理強化支援, 個人情報保護

経済産業省の営業秘密管理チェックシート等を利用し、各種営業秘密情報や個人情報の管理状況をチェックした上で、必要な営業秘密管理、個人情報保護の管理手法をご提案し、各種々手法の導入を支援していきます。

豊富な他社事例に基づき、各企業の実態に合わせた管理手法をご提示し、また、管理手法が安定的に運用されるまでを継続的にサポートいたします。

新規システム構想支援

現状のシステムオペレーションを各種業務の流れに合わせてヒアリングします。その中で、業務担当者が抱えている業務上の問題点を把握しながら、業務効率を阻害しているポイントは把握していきます。合わせて内部統制上問題となる課題も把握しながら、あるべき(Tobe)業務フロー、課題の一覧表、要件定義書、提案依頼書(RFP)等を作成し、新規システム選定を支援します。

システムコンサル会社および監査法人のノウハウと生かした高水準の対応をいたします。

IT顧問、情報システム部門強化支援

情報システム部門の人材が不足する企業において、あるべき情報システム部門の管理体制を構築します。

豊富な経験からベストプラクティスをご提案するとともに、企業に合わせた柔軟な組織設計を支援します。

各種研修講師

監査法人や企業の内部監査部門においてIT、人口知能(AI)、内部統制等に関する研修を実施します。

最新の研究に基づくデータ分析手法、IT内部統制監査、人工知能(AI)、その他ニーズに応じた研修を実施したします。

AUDITOR’S Blog

カテゴリー

PAGE TOP